平成28年度 「相談員新資格制度」 指定講習会(東京)

平成28年に始まった新消費生活相談員資格制度の発足に伴い、当協会は「消費生活相談員資格試験のみなし合格者」のための「指定講習会」実施機関として、消費者庁に申請を行い、内閣総理大臣から平成28年4月26日に実施機関の指定を受けました。
行政機関に採用されたときに適切に消費生活相談に応じることができるよう、消費生活相談員の職務に求められる知識及び技術に関する景品表示法等改正等法附則第3条第2項に規定する科目について、5科目をそれぞれに受講し課題レポートを期限内に書いて当協会に提出して頂くという方式で、規程の全科目を履修したことを当協会が認めたときに、受講者に修了証を発行するというものです。
利用(学習)方法をご確認の上、受講していただきますようお願い申し上げます。

なお、講座受講は、みなし合格者を希望される方だけでなく、これから相談員資格を目指す方、最近の消費者問題を知りたい・スキルアップしたいという方々にも広く受講していただける内容になっています。興味のある講座、興味がある講師の方の講座を単独で受講されたい方も奮って、ご覧ください。

料金は各講座2500円(税別)で30日間ご覧いただけます。
レジュメ、レポート課題は、各講座の視聴画面でダウンロードできます。

講師紹介

【平成28年度】主催者挨拶

-

-

視聴する

【平成28年度】講習会スケジュール・講師

-

-

視聴する

【平成28年度】受講に関してのオリエンテーション

-

-

視聴する

【平成28年度】第1講義 最近の消費者問題

日本女子大学家政学部教授 細川幸一先生

-

-

【平成28年度】第2講義 暮らしにおける電子情報化

電子情報専門家(消費生活コンサルタント) 疋田利幸先生

-

-

【平成28年度】第3講義 実務上の交渉力

狛江市消費生活相談員(消費生活コンサルタント) 山本いく子先生

-

-

【平成28年度】第4講義 相談に必要な法律の基礎 -契約を中心に-

東京経済大学現代法学部教授 村千鶴子先生

-

-

【平成28年度】第5講義 企業経営の仕組みとコーポレートガバナンス改革

中央大学法科大学院教授 野村修也先生

-

-