コンシューマー・オフィサー養成講座

コンシューマー・オフィサー養成講座は、消費者志向経営の中核を担うお客様対応部門の担当者を対象とした、消費者対応を総合的に集中して学べる講座です。企業内において、消費者志向を正しく把握してもらい、消費者問題の専門家を養成することを目的として、1973年から開設しています。受講者は1,200名を超えており家電製品、自動車、食品、流通、サービス業界などの様々な業界からの参加者が多く、修了生はお客様と企業の架け橋として各分野で活躍しています。

平成28年度 「第64回コンシューマー・オフィサー養成講座」開講のお知らせ

【詳細のご案内・お申込みはこちら(PDF)

< 実施内容> 平成29年2月8日~3月8日 毎週水曜日(全5日/9コマ)
 k
 <受  講  料> 98,000円(税込)  ※会員企業は90,000円
 k
< 会      場> タイヤ公正取引協議会 会議室 (東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-9 宮前ビル5階) 
k
       ※2月22日のみ別会場
開催日 時 間 テ ー マ
2月8日 ①13時30分~15時00分 消費者問題の歴史と学ぶ意義
②15時15分~16時45分 お客様相談室の役割とクレーム対応の基本
2月15日 ③13時30分~15時00分 解決困難な事例への対応~クレーム対応の原則~
④15時15分~16時45分 消費生活センターとの関わり方
2月22日 ⑤14時30分~17時00分 センター見学~社内フィードバックの仕組み~
3月1日 ⑥13時30分~15時00分 消費者関連法の概要と消費者行政機関の役割
⑦15時15分~16時45分 超高齢社会に求められる企業姿勢
3月8日 ⑧13時30分~15時00分 顧客満足向上への取り組みと社員教育
⑨15時15分~16時45分 カスタマーメール応対の考え方
※17時~ 懇親会